GOOD DESIGN

GOOD DESIGN 2019年

MOT PLAN(モットプラン)

MOT PLAN(モットプラン)|イメージ
受賞対象名:MOT PLAN(モットプラン)
部門/中~大規模集合住宅
“MOT PLAN”は、居室の天井高さを最大3.0m~3.5mまで上げて、タテへの広がりを活かした住戸プラン。立体的なアプローチによって室内の空間量を増やしたことで、開放感と快適性の向上を目的とした住戸。本企画によって生まれた空間に収納を設けてスペースを有効活用し、住宅としての機能性を高めることも実現した。
【受賞となったデザイン・環境等に対する物件特徴】
“MOT PLAN”の企画にあたっては、マンションの最上階住戸の天井高を上げ、最下階住戸の床を下げることで、法的制限や共用部分の“余剰空間”をそれぞれの住戸内に取り込み、有効活用することとした。それによってリビング・ダイニングの天井高さが一般的な集合住宅では2.4m~2.5mの中、3.0m~3.5mまで上げることを実現した。室内の空間量が増えたことで、ユーザーが感じる開放性や快適性が高まり、それに加え、新たに生まれた空間に収納スペースを設けたことで、住宅としての機能性も同時に高めた。一方で、キッチン部分は一段上げたスキップフロアとし、生活の中での視点の変化や、キッチン使用時の開放感を高めることにも繋がった。本企画では、ユーザーのマンションへの要望に対し、立体的なアプローチによって間取りの向上を図ったことで、室内空間量と収納スペースを増やすことができ、ユーザー満足度の高い住戸を実現させた。
<審査委員評価コメント>
共同住宅は、基本的には、平面の設計によってライフスタイルや面積効率などを突き詰めてゆくのが常である。一方で断面方向でのチャレンジは、吹き抜けなど容積を減らす方向になりかねないため、試みとしては少ない。そんな中でこの計画は、屋根裏や床下にあたるような場所をうまく使い、結果的に心地よい住空間を作り出しており、アイディアは秀逸である。