• より安全・快適な住宅の供給
  • CSR >
  • ホーム >

CSR活動環境への取り組み

収納企画商品「KATASU」等、
生活利便機能提案の展開

■KATASU
ユニットを自由に組み合わせ、将来の組み替え・移動も可能。空間を立体で捉えた新発想の収納システムです。

■せいとんレシピ
「空間の立体活用」「モノに指定席」「自在度」「上手に隠す」をポイントとした、誰もが上手に使える収納システムを提供します。

クレヴィア ライフ・ハグ
[オリジナル総合防災プログラム]

当社では地震などの災害におけるマンションの防災対策を総合的に見直し、新たな視点と体制等によって強化した防災サポート「クレヴィア ライフ・ハグ」の導入をスタートしています。
「クレヴィア ライフ・ハグ」は、当社のマンションブランド「CREVIA」の使命である“人生を守る住まい”として、入居者のかけがえのない人生を強く、優しく抱擁するという意味をその名称に込めた総合防災プログラムです。「コミュニティ形成・防災備蓄・住品質」の3つの観点から、多角的で多層的な安心のカタチを追求・具現化しています。

Mo+私らしさPlan

3LDK の「3つ目の居室」を
「もっと自由にちょうどよく」リデザインした、 “3LDKの進化形”。

多様な家族構成や幅広い年齢層の暮らしに応え続けてきた、ファミリーマンションの代表プラン「3LDK」。その魅力をさらに高め、よりいっそう可能性を広げるプランのカタチについて、住まう方の声を集め、さまざまな角度から徹底検証しました。使いやすい収納や伸びやかなリビング、多用途に応える自由空間など、今までになかった“私らしさ”を実現する、新発想から生まれた3LDKの進化形が「Mot私らしさプラン」です。

官民協働による
コミュニティガーデン活動

東京都初!官民協働による、
地域みんなの庭「コミュニティガーデン」

当社は、江東区の「シティ・イン・ザ・グリーン」理念の下、地域貢献、都市緑化推進及び新旧住民交流・コミュニティ形成を目的に、マンション建設地隣接の公園において『コミュニティガーデン活動』を推進しています。公園を管理する江東区の了解の下、公園美化を目的とした近隣住民参加のワークショップを開催し、ワークショップ内容に基づく改修工事を実施、東京都で初の官民協働による「コミュニティガーデンづくり」として、2012年12月江東区亀戸に「コミュニティガーデン」が結成されています。

AED

マンションにAEDを標準設置。
社内インストラクターを養成し、
全社員が講習を受講。

2008年以降、当社の新規分譲マンションにはAED(Automated External Defibrillator/自動体外式除細動器)を標準設置しています。
※AEDの標準設置は、当社単独事業の場合であり、今後変更することがあります。

AEDはなぜ必要なのでしょう

突然の心停止などの際に、心臓に電気ショック(電気的除細動)を与えて、心筋のけいれんを除去することが最も効果的な方法といわれています。一般に、心停止後、1分除細動が遅れるごとに救命率が7~10%低下するといわれ、いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。AEDが身近にあれば、心室細動の際に、心臓の働きを元に戻すことができます。

心停止から除細動(電気ショック)までの時間と救命率

当社3名の社員が健康スポーツ関連施設連絡協議会認定のAEDインストラクター資格を取得。定期的にAED使用講習会を実施しています。